会長のぼやき

広島アニメ同好会、会長がぼやく。ぼやきにぼやく。

擬態

さて、このブログやTwitterなんかでの俺の発言を鑑みるに
この人は本当に義務教育を受けてきた大人なのだろうかという疑問が湧くだろう。
それどころか本当に文明人なのか?ネアンデルタール人とかアウストラロピテクスあたりではなかろうかと思うのもごもっとも。
俺も実はそうなんじゃねぇかなって思ってる。

では、そんな俺が普段どうやって生活しているのかというと、割とね、こう上手に擬態してる。
文明人になんとか擬態して生きてる。

こないだもさ、コストコで待ち合わせをしててさ
何の因果か待ち人来ず。
どうもバスが渋滞に捕まっているらしい。
そんでコストコってさ、あれ誰かが会員証持ってねぇと入れねぇわけ。一見さんお断り。

こんなとこにもあったかーって思ったよね。
一見さんお断りってさ、もっとこう例えば京都の方の舞子さんがいる店とかさ
高級料亭とかそういった俺には縁のない世界だなって思ってた。
まあ生きてれば1回くらいは会うこともあるかもしれないなって感じだったのにさ
まさかこんなとこで会えるなんてねー。

あれだよ。ほんとコミケ行ったら叶姉妹いたぐらいの衝撃。
ここでー?って感じ。

でもまあ入れないもんは仕方ないんで、会員様(待ち人)の到着を待つしかない。
でも目下寒空の下なわけで、こちとらさっさと買い物して帰るかって気分なので
全然寒空の下で待つことを想定してない服装なわけ。
なんならサンダルとか履いてきちゃってるわけ。

まあそこはコストコも考えてるよね。
ちゃんと会員証無くても入れるカフェスペースみたいなのを用意してた。
見つけた瞬間、希望に胸を膨らませたよね。

あそこなら寒さを凌げるかもしれないと。

あれだよ、気持ちとしては雪山で遭難中に山小屋見つけたくらいの安堵感。
俺、死なないで済むって思った。

そんでまぁそこ入ってさ、ドリンクバー頼んだわけ。
したらカウンターでお姉ちゃんがすっげー笑顔で「どうぞー!」って
紙コップ渡してくれて、後は好きにしなってな具合で
「次のお客様どうぞー」っつってもう次の人迎え入れる準備万端なわけ。

いや、待てと。
まだ俺のターンは終わってねぇだろ。
これ(紙コップ)どうすりゃいいんだよ。

なんつーかな、別れたはいいけど未練たらたらで
次の日とかに「やっぱ別れるの無しにしねぇ?」っつったら
相手にはもう新しい彼氏できてた時の気分に似てる。

置いてけぼり感が凄まじい。
あれー?好きだったの俺だけー?って感じ。

でももう次の人も来てるし、なんか俺お呼びじゃない感じだし
そこはサッとはけて、空の紙コップ持ったまま突っ立てた。
あのハチ公ですら、もう少しウロウロしてたんじゃねぇのってぐらいの棒立ち。
動かざること山のごとし。

ただね、視界の端の方にたぶんコレじゃねぇかなーって機械は見える。
俺ドリンク出すよーって雰囲気で佇んでらっしゃる。

しかしそこは俺もデキる男。闇雲には動かない。確信が持てるまでは微動だにしない。
それでいて、ただただ棒立ってたんじゃなくじっくり観察してた。

俺と同じ紙コップ持った中高生共がそこでドリンクを注いでるのが見えた。
間違いない。

そこからはもう自信満々ですよ。何せ確認したんだもん。
なんなら、ここ常連ですから。みたいなドヤ顔でドリンクバーの機械に近づいてった。
さてさて何を飲もうかねっつってラインナップ見たらさ

ペプシペプシNEX、マウンテンデューなっちゃん(オレンジ)

なに~そのラインナップーっつってね。
合ってる?ここで合ってる?って再度不安が襲ったよね。

なにせ4分の3が炭酸なわけ。
4分の4が甘いやつなわけ。
勇者、遊び人、遊び人、遊び人、みたいなパーティーが出来上がっちゃってる。

紙のカップ渡された時点で、これは熱いヤツはないなって諦めてたんだけど
お茶かコーヒーでも飲めばいっかって思ってた。
まさか選択肢の中にどっちも入ってないなんて考えてもみなかった。

まあ考えても仕方ないんで炭酸あんま好きじゃねぇし
なっちゃん入れて席に付こうとしたんだけど
周りを見ると明らかな違和感があった。

あれ?みんなその蓋とストローどうしたの?

俺と同じカップ持ってるヤツ、全員カップに蓋してあってそこにストローが突き刺さってる。
待って、それどこで貰えるやつ?
なんで普通にみんな蓋とストロー取ってるわけ?何処にあんの?それ学校で習った?

ほんと、さも当たり前のように、小学生くらいの女の子ですら蓋にストローぶっ刺してるわけ。
小学生にして貫通済みなわけ。
とんだアバズレ集団の中に投げ込まれてしまった。

かくいう俺のカップはというと、潔いまでに純潔。
まだ何者にも刺されてない紛うことなき処女。

隣の高校生の集団が
「見ろあいつ、まだ未貫通だぜ?」って嘲笑ってる(気がする)
向かいの小学生くらいの女の子が
「お兄ちゃん、貫通は簡単だよ?」って憐みの目で見てる(気がする)

駄目だ、俺にここは早すぎたんだ。
俺みたいな人間は寒空の下で凍えながら人を待ってれば良かったんだ。
ちょっと気取って
「ゆっくりでいいよ。ドリンクバーで待ってっから。」
なんて言ってた過去の自分をぶん殴りたい。

なんてもうまどマギなら絶望で魔女になってるくらいの絶望具合。
あたしってほんとバカ。

なんつって言ってたら待ち人が来てた。
第一声が「なんでストロー無しで飲んでんの?」だったもんで
さっきの絶望とか諸々全部無かったことにして
「なんつーか、気分?」っつってなっちゃん一気飲みして、その場を後にしたよね。

あの場において処女を守り抜いたことだけがなんつーか誇りっつーか
結局、蓋とストローが何処にあったのかはわからず仕舞い。
誰か教えて?

まあ何が言いたいのか途中から全然わかんなくなってんだけど
要するにこんな感じで頑張ってヒトに擬態して生きてる。
なんとかヒトとして生活してる。

読み返してみると全然擬態しきれてないかもって感じもあるけど
8割方ヒトっつーか
なんかヒトっぽいよねアイツってことで
ギリギリセーフということでここはひとつ。